本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 キーエンス出身者らが設立したロボット導入支援企業のロボコムは、スーパーやコンビニ惣菜の盛り付け作業などを想定し、千切りキャベツをアームで一定量、把持するシステムを開発した。

 東京大学 教授の松尾豊氏の研究室と共同で強化学習技術を生かして開発した。強化学習のアルゴリズムなどソフトウエア面を同研究室などに所属する学部生らが担当し、ハードウエア面はロボコムのパートナー企業であるロボットシステムインテグレータ(SIer)、オフィス エフエイ・コム(FA.com)が構築した。

 千切りキャベツの盛り付けは現状では人間が実施しているが、細いキャベツ同士が絡み合うため、短時間で指定量を正確に盛り付けるには人間でも一定の経験を要する。これをロボットで自動化するため、今回、強化学習を採用した。

この先は日経Robotics購読者限定です。