本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米NVIDIA社は3月18~21日に米国サンノゼで開催した年次カンファレンス「GPU Technology Conference(GTC) 2019」に合わせて、ロボット関連の施策を大量に発表した。新しいロボット用SoCの発表こそなかったものの、小型ロボット用に99米ドルからという価格で販売するSoCボードの「Jetson Nano」や米Amazon Web Services(AWS)社とのロボット分野での提携を発表するなど、同社のロボットプラットフォーム「Jetson」を拡張させている。

 NVIDIA社CEOのJen-Hsun Huang氏がGTC 2019の基調講演で発表したJetson Nano(図1)は、「Tegra X1」をベースにした組み込み用ボード型コンピュータである。2019年3月に発売した開発キットの価格は99米ドルで、同年6月に発売する製品版の価格は129米ドルとなる。これによってJetsonブランドのデバイスは、自動運転車を対象とした「Jetson AGX Xavier」、工場用ロボットやドローンなどを対象にした「Jetson TX2」、そして小型ロボット用のJetson Nanoの3種類となった。

図1 「Jetson Nano」を発表するNVIDIA社CEOのHuang氏
開発ボードは99米ドル、製品版は129米ドルで販売する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。