本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2016年に創業したばかりだが、オープンソースソフトウエア(OSS)の画像認識用ライブラリ「OpenCV」の創始者であるGary Bradski氏がアドバイザー兼出資者として名を連ね、韓国Samsung Electronics社のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)である韓国Samsung Venturesなどから総額1200万ドルを調達し、中国Huawei社を顧客に抱えるロボットAI(人工知能)プラットフォームのスタートアップがある。米国シリコンバレーと中国深圳に拠点を置くPerceptIn社だ。

 PerceptIn社はHuawei社やSamsung社といった家電メーカーにOEM供給することを想定したロボットAIプラットフォームを開発している。同社のロボットAIプラットフォームとは、組み込み用のディープラーニング(深層学習)ソフトウエアを搭載したボードなどのハードウエアと、クラウドのサービスとして提供する機械学習の学習環境やシミュレーション環境、HDの3次元(3D)マップの作成環境などを組み合わせたものである。

この先は日経Robotics購読者限定です。