本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 ソニーが犬型ロボット「aibo」のサービスや機能拡充に動き始めた。

 2018年1月の発売から1年が経過したことを受けて、家庭内の見守り用途などに使えるサービスを投入する。自宅にいる子供の様子や遠距離に住む家族の状態などをaibo経由で確認できるよう、aiboがSLAM機能で作成した家庭内の地図を基に、指定された人物を探す。カメラによる個人識別で指定した人を宅内で見つけられれば、持ち主にレポートする。

 現時点では、指定した人物を見つけた際にaiboが踊りのようなものを披露するなど娯楽性を軸に据えているが、将来的にはaiboのカメラで撮影した動画をストリーミングで持ち主のスマホに配信する機能なども検討している。宅内の監視用途なども踏まえて、セコムとの提携も発表したほどだ。

 aiboは鼻先のRGBカメラ画像からディープニューラルネット(DNN)により特定の人物やアイテムを識別する機能などを持つ(関連記事:《日経Robo》aiboのIT面を徹底解剖、500本以上のOSSを搭載、あの「Open-R」を彷彿とさせる試みも)。こうしたDNNによる認識機能を、aiboユーザーの力を借りたクラウドソーシングのような形で拡充する試みも始める。aiboのユーザーに特定のシーンやオブジェクトの写真をaibo経由で撮影させ、それをクラウドにアップロードしてもらうのである。

この先は日経Robotics購読者限定です。