有線LANポートを搭載しないノートパソコンが増えている。スマートフォンを社内ネットワークにつながせる企業も増えている。無線LANは、企業ネットワークにとって不可欠な存在になった。

 無線LANの最新規格であるWi-Fi 6は最大伝送速度が9.6Gビット/秒に達し、一般的な有線LANの1Gビット/秒を大きく超える(図1)。

図1●無線LAN規格の最大伝送速度と一般的なオフィス環境の最大伝送速度
Wi-Fi 6の最大伝送速度は9.6Gビット/秒に達する。ただオフィスなどの実環境では40MHz幅、2ストリームで利用するケースが多い。その場合、最大伝送速度は573Mビット/秒になる。ここでの最大伝送速度はすべて理論値。グラフの縦軸は対数。
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし実際の環境では、有線LANを超えるような性能は出ない。規格の最大伝送速度を実現するには8チャネル(160MHz幅)と8ストリームが必須だが、オフィス環境では通常2チャネル(40MHz幅)以下で運用するからだ。アクセスポイント(AP)同士の干渉を防ぐためである。

 またノートパソコンやスマホなどの端末のストリーム数は最大でも2である。40MHz幅および2ストリームの環境では、Wi-Fi 6でも最大伝送速度は573Mビット/秒になる。

高いスループットが魅力

 それでもWi-Fi 6は2019年後半に対応製品が相次いで登場し、多くの注目を集めている。その理由は、各ユーザーのスループット(伝送速度の実測値)が高いからだ。

 もともとWi-Fi 6は規格の立ち上げ当時から、高密度環境において平均スループットを4倍にすることを目標にしていた。そのため、同時通信や高密度対応に関する機能が強化されている(図2)。また、省電力化や通信距離延長モードによって、IoTにも活用しやすい。

図2●最大伝送速度だけではないWi-Fi 6のメリット
MU-MIMOの拡張で同時に通信できる端末数を増やし、OFDMAの採用で高密度環境に対応した点は、オフィス環境で利用するときの大きなメリットになる。また、省電力化や通信距離の延長でIoTに利用しやすくなった。
[画像のクリックで拡大表示]

 同時通信では、同時に通信できる端末数が従来のIEEE 802.11acの4台から8台に倍増した。さらに802.11acでは、同時通信はダウンリンク(APから端末)のみの対応でオプション扱いだったがWi-Fi 6では必須となり、アップリンク(端末からAP)もオプションで対応するようになった。

 高密度対応では、信号変調方式にOFDMAを採用し1つのチャネルを複数のユーザーで分割して利用できるようになった。

 こうした同時通信と高密度対応によって、オフィス環境でスループットは向上されるとみられる。

 なお、Wi-Fi 6とIEEE 802.11axは同じ規格を指す。技術規格の標準化団体IEEEが規格名を802.11axと定めたが、無線LANの普及や相互接続性を認定する業界団体Wi-Fi Allianceがユーザーに分かりやすくするためにWi-Fi 6と名付け直した。

▼Wi-Fi 6
IEEE 802.11axのこと。「6」はWi-Fiの第6世代を示す。第5世代に対応するIEEE 802.11acはWi-Fi 5と呼ぶ。
▼最大伝送速度
規格の最大伝送速度は理論上の数値(理論値)であり、実環境ではこの速度は出ない。本特集では「最大伝送速度」とした場合、いずれも理論値を指す。一方、実環境で計測した伝送速度は「スループット」と呼んで区別する。
▼8チャネル
複数のチャネルを束ねて通信するチャネルボンディングを指す。
▼OFDMA
Orthogonal Frequency Division Multiple Accessの略。直交周波数分割多重接続と訳す。
出典:日経NETWORK、2020年1月号 pp.34-41
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。