まずは規格を概観しよう(表1-1)。最初の規格は2003年に策定されたIEEE 802.3afである。最大給電電力は15.4W、最大受電電力は12.95W。給電電力より受電電力が低いのは、LANケーブルの心線の導体に抵抗があるため、電力が消費されるからだ。

表1-1●PoE規格の概要
これまで3つの規格が策定されてきた。
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年に策定されたIEEE 802.3atは最大給電電力は30W、最大受電電力は25.5Wである。

 2018年に策定された最新のIEEE 802.3btは、最大給電電力が90W、最大受電電力が71.3Wである。

重要な「クラス」と「タイプ」

 802.3btでは、給電あるいは受電できる最大電力は「クラス」として定義されている(表1-2)。クラスは0から8まで9種類ある。ただし、クラス0とクラス3は同じ値である。クラス1の4Wからクラス8の90Wまで、クラスの数字が大きくなるほど電力も大きくなる。

表1-2●IEEE 802.3btで規定されている「クラス」と「タイプ」
IEEE 802.3btでは、供給する電力の大きさを「クラス」で定義している。さらにネットワーク機器がサポートすべきクラスの範囲を「タイプ」として定めている。
[画像のクリックで拡大表示]

 PoEでもう1つ重要なパラメーターが「タイプ」である。

 802.3btでは、既存の802.3afや802.3atに対して下位互換性を保つため、これらの仕様を包含する形で仕様が決められている。これらの仕様や、新たに802.3btで追加された仕様を区別するためにタイプが使われる。

 タイプは全部で4種類ある。タイプ1は802.3afの仕様を指し、対応するクラスは0~3。タイプ2は802.3atの仕様に相当し、対応するクラスは0~4である。

 タイプ3とタイプ4は802.3btで新たに追加されたタイプだ。タイプ3が対応するクラスは1~6、タイプ4が対応するクラスは7~8である。

電力の送り方は2種類

 給電機器から受電機器に対し、LANケーブルをどのように使って電力を送るのか見てみよう。

 LANケーブルで電気信号を通すのは8本の心線である。心線は2本ずつより合わせて1対の「より対線」を作っており、全部で4対あることになる。

 802.3afおよび802.3atでは、2対のより対線を電力供給に使う。PoEでは直流電力を送るので、電流の行きと帰りに1対ずつ使うわけだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら