Part2では、ユーザーとISPをつなぐアクセス網について見ていこう。前半ではFTTHの光ファイバーインフラについて見ていく。後半ではそれらを集約するNGNについて取り上げる。さらにインターネット接続の実効速度が上がらないという課題と、その対策についても触れる。

光ファイバーはどこに延びる?

 まずはユーザーの自宅から、NTT東西の収容局までどのように光ファイバーが敷設されているのかを探ってみよう(図2-1)。

図2-1●FTTHのインフラの概要
大きく集合住宅と戸建ての場合がある。集合住宅の場合、IDFやMDFといった光配線盤で光ファイバーを束ねる。戸建てでは、電柱を通るケーブル(架空ケーブル)に接続したドロップケーブルで宅内に引き込む。
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーの自宅にはONU、収容局にはOLTと呼ばれる装置を置く。これらを光ファイバーで結ぶ。

 ONUに接続した光ファイバーケーブルは、宅内のインドアケーブル、宅外のドロップケーブルを経て、電柱間に掛けられた架空ケーブルにつながる。マンションなどでは、光ファイバーをMDFという光配線盤でまとめてから地下や電柱で引き回す。

 架空ケーブルはクロージャーと呼ばれる箱で束ねる。ここには、スプリッターと呼ばれる光部品が入っており、光ファイバーを分岐させている。

 収容局に近付いた地点で、架空ケーブルは地下に潜る。管路というパイプを通り、とう道と呼ばれる大きなトンネルに入る。とう道はNTTの収容局に通じており、そこから光ファイバーを局内に引き込む。

 その光ファイバーはIDMという光配線盤につながる。ここで局内と局外の光ファイバーをつなぐ。IDMはスプリッターを内蔵している。つまり光ファイバーは収容局と電柱の2カ所で分岐することになる。基本的には、局内で4分岐、局外で8分岐、合計32分岐する。

 IDMの先から延びた光ファイバーは最終的にOLTにつながる。

長距離に向くSMF

 次に、FTTHで使われる光ファイバーの構造について見ていこう(図2-2)。

図2-2●シングルモードファイバーとスプリッターの構造
FTTHでは、長距離伝送に向くシングルモードファイバーを使う。また、収容局からの1本の光ファイバーを複数のユーザーで共用するため、スプリッターを使って分岐させる。
[画像のクリックで拡大表示]

 光ファイバーは基本的に、中心のコアとそれを取り囲むクラッドから成る。コアに光を通すと、コアとクラッドの境目で光が反射し、コアに閉じ込められた状態で遠くまで届く。

 光ファイバーには大きく、シングルモードファイバー(SMF)とマルチモードファイバー(MMF)の2種類がある。FTTHでは、長距離伝送に向くシングルモードファイバーを採用する。一方、マルチモードファイバーは短距離のイーサネットなどに使う。

 なぜシングルモードファイバーは長距離に向くのだろうか。それにはモードが関係している。

 モードは、光ファイバーのコアの中を通る経路を指す。コアを通る光がクラッドで反射する際には、様々な入射角を取る。入射角の違いで経路の距離が変わる。

 マルチモードファイバーはコアの直径が太いため、複数のモード(経路)が生じる。このため、同じ信号でも受信側に届く時間がずれ、信号がひずんでしまう。このずれは、光ファイバーが長いほど大きくなる。これに対し、シングルモードファイバーでは、コアの直径を細くすることで、1つのモードだけが通るようにしている。このため、長い距離を伝送しても信号がひずみにくい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら