今の固定ブロードバンドの主役はFTTHだ。光ファイバーをユーザー宅に直接引き込み、高速伝送を実現する。今の主流のブロードバンドサービスは回線速度が最大1Gビット/秒である。

 ところが、そうした回線速度の触れ込みにもかかわらず、実効速度が大幅に遅いという現象が起こっている。実際、総務省には2017年4~10月の間にインターネットの速度が遅いといった苦情が約100件も寄せられた。これは固定インターネット接続に関する苦情の約6%に当たるという。

国内トラフィックは10.8Tに

 そうした現象が起こる背景の一つに、トラフィックの急増がある。総務省では、日本国内のブロードバンドサービスによる総トラフィックを推定している。ISP大手5社のブロードバンド契約者のトラフィックの合計値と5社の契約数シェアから割り出したものだ(図1-1)。この5社は、インターネットイニシアティブ、NTTコミュニケーションズ、ケイ・オプティコム、KDDI、ソフトバンクである。

図1-1●日本国内のブロードバンドの総トラフィックの推移
総務省の「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果(2017年11月分)」に基づき本誌作成。図中の数値の単位はGビット/秒。ここでのブロードバンドには、FTTH、DSL、CATV、FWAが含まれる。アップロードトラフィックに比べてダウンロードトラフィックの伸びが大きいのが分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

 それを見ると、2013年ごろから下りのトラフィックが急激に伸びていることが分かる。およそ年率1.3~1.5倍で推移している。2016年から2017年までの1年で31.6%増加し、ついに10.8Tビット/秒に達した。

 全体のトラフィックの急増だけが問題なのではない。むしろ問題なのは、1契約者(ユーザー)当たりのトラフィックが増えていることだ(図1-2)。こちらも2013年ごろから増加率が上がった。2016年から2017年にかけて29.6%増加し、2017年には1ユーザー当たり276kビット/秒になった。1日当たりの通信量に換算すると約3Gバイトにもなる。

図1-2●1契約者当たりのトラフィックの推移
総務省の「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果(2017年11月分)」に基づき本誌作成。契約数は飽和しているが、1人当たりのダウンロードトラフィックは急増している。
[画像のクリックで拡大表示]

 1ユーザー当たりのトラフィックが増えることは、通信事業者の収入が増えないまま、トラフィック増に対応するために設備投資のコストを増やさなければならないことを意味する。実際、図1-2を見ると契約者数の伸びは飽和傾向にある。

 1ユーザー当たりのトラフィックが急増しているのには、いくつか理由がある。まず、インターネットの使い方やアプリケーションの変化がある。テキストや画像が主体のWebサイトの閲覧から動画の閲覧に変わってきた。動画の高解像度も進み、トラフィック増に拍車を掛けている。

 また、スマートフォンやタブレットなど、インターネットを利用するデバイスが増えたこともある。家の外ではモバイル回線で通信するが、家の中では無線LANを介して固定ブロードバンドを使うことが多い。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら