VGA

最も汎用的なディスプレー接続方式

規格制定団体
米IBM

主な用途
映像伝送

最大転送速度
640×400ドット(2048×1536ドットまで対応可能)
[画像のクリックで拡大表示]

 VGAはパソコンとディスプレーをアナログ信号を使って接続するためのインターフェースである。1987年に発売された米IBM製パソコンのPS/2で初めて採用された。それから現在まで使われ続けている。

 コネクターはD-Sub 15ピンと呼ばれる形式で、5個ずつ3列に端子が配置されている。

 ユニークなのは、他のインターフェースと違い、パソコンなどが搭載するレセプタクルがオス、ケーブルに付いたプラグがメスになっている点だ。これはPS/2で採用されたときに、RS-232-CといったD-Subを使った他のインターフェースと間違わないようにするためである。

 VGAを標準で搭載していないパソコンが増えてきたが、依然として広く使われている。ビデオカードの多くにデジタル接続と並んで搭載されている。

 VGAはもともとブラウン管を使ったアナログディスプレー向けに開発された規格である。パソコン内のデジタル信号を、いったんアナログ信号に変換してからケーブル上を伝送する。そのため、HDMIやDVIといったデジタル信号のまま送る方式のインターフェースと比べると画質は落ちてしまう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら