eSATA

ストレージ接続に特化した高速通信

規格制定団体
米シリアルATAインターナショナル・オーガニゼーション

主な用途
周辺機器接続

最大転送速度
6Gビット/秒(eSATA3の場合)、3Gビット/秒(eSATA2の場合)
[画像のクリックで拡大表示]

 eSATAはコンピューターにハードディスクやBlu-rayディスクなどのストレージ装置を接続するために使うインターフェースである。コンピューター内部でストレージをつなぐ標準インターフェースとしてSATAと呼ぶ規格が使われている。これを外部との接続でも利用できるように最適化したものがeSATAだ。SATAに比べて抜けにくくしている。またコネクターの強度を高め、抜き差しを繰り返しても壊れにくいようにしている。

 eSATAの最大の特徴は、内部と同じ仕様を使っているため、データを変換する必要がない点だ。オーバーヘッドが生じないので、外付けのストレージ装置でも内部に増設したときと変わらない高速なデータ転送が可能になる。最大転送速度はSATAと同じ6Gビット/秒(eSATA3の場合)または3Gビット/秒(eSATA2の場合)である。

 また、パソコン内蔵用のハードディスクを専用ケースに入れる形で、簡単にeSATA接続の外部ストレージとして利用できる。その一方で、基本的にストレージ装置以外には使えないという拡張性の低さがeSATAの欠点である。電力を供給できないため、ACアダプターなど別の形で電源を確保する必要もある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら