USB Type-A

パソコンに標準搭載されているUSBの「代名詞」

規格制定団体
米USBインプリメンターズ・フォーラム

主な用途
データ転送、周辺機器接続、充電、映像伝送

最大転送速度
10Gビット/秒(USB 3.2の場合)、480Mビット/秒(USB 2.0の場合)
[画像のクリックで拡大表示]

 USB Type-Aはほとんどのパソコンやサーバーに装備されているUSBのインターフェースである。USBのホスト側として接続する際に利用する。

 USB Type-Aは「USB 2.0対応」と「USB 3.2(Gen1)およびUSB 3.2(Gen2)対応」(以下USB 3.2対応)の2種類がある。両者の外見はほぼ同じだが、コネクターの内部を見ると簡単に見分けられる。内部の樹脂がUSB 2.0対応のものは白なのに対し、USB 3.2対応ならば青になっている。

 この2種類は、コネクター内部にある端子の数が異なる。USB 2.0対応は、2個の信号用と2個の電源関連の合計4個の端子を用意している。

 一方、USB 3.2対応ならば、USB 2.0と共通の4個に加えて、USB 3.2で使う5個の端子も同時に用意しており、合計9個の端子がある(図5参照)。

 端子の配置などを工夫することで下位互換性を確保し、どのUSBのバージョンとの組み合わせでも通信できるようにしている。

 ただし、USB 2.0対応のケーブルをUSB 3.2対応のレセプタクルにつないだ場合や、USB 3.2対応のケーブルをUSB 2.0対応のレセプタクルにつないだ場合は、USB 2.0相当の通信しかできない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら