USB mini Type-B

初期のAndroidスマホで使われた小型版

規格制定団体
米USBインプリメンターズ・フォーラム

主な用途
データ転送、周辺機器接続、充電

最大転送速度
480Mビット/秒(USB 2.0の場合)
[画像のクリックで拡大表示]

 USB mini Type-Bは、Androidを搭載した初期のスマートフォンを、パソコンやACアダプターに接続するために利用されたインターフェースである。耐久性などに優れたUSB micro Type-Bが登場してからは出番が減った。現在のAndroidスマートフォンではUSB micro Type-BまたはUSB Type-Cを利用するのが当たり前になっている。

 Type-Bという名称は、デバイス側で使うインターフェースを意味する。つまりコンピューターなどのホスト側ではなく、デバイス側での利用を想定して開発された。通常のType-Bより小さいことから、表面積の小さいスマートフォンではmini Type-Bが広く利用された。デバイスとしてだけでなく、外部の周辺機器と接続するためにホスト側としても動作するUSB OTG(On The Go)というモードを用意している。

 USB mini Type-Bは台形が押し潰されたような形をしている。この形状のコネクター内に5個の端子を用意している。このうち2個を電源関連、2個を信号用に利用する。残る1個はOTGの際の動作の切り替えに利用する。

 mini Type-BはUSB 2.0までしか対応しておらず、USB 3.2は利用できない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら