20年前のパソコンには、背面などに様々な種類のインターフェースが装備されていた(図1)。キーボードやマウスはPS/2、ディスプレーはVGA、外部ハードディスクはSCSI、プリンターやモデムはRS-232-Cなど、周辺機器の種類ごとにインターフェースが用意されていた。

図1●記事で紹介するインターフェース
パソコンやスマートフォンには有線接続に使う様々なインターフェースがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、パソコンやスマートフォンの小型化が進むにつれ、1つのインターフェースで多くの機能を実現する集約化が進んできた。その主役となっているのがUSBである。

外部接続の主役となったUSB

 USBは「Universal Serial Bus」の略。この名前から分かるように、もともと様々な用途に使えることを目指して開発されたインターフェースである。

 当初はマウスやプリンター、ハードディスク装置などの周辺機器を接続するために使われていたUSBだが、新規格が登場するたびに機能が強化され、音声や映像といった同期型のデータ転送にも利用されるようになった。Type-Cの登場以降は給電機能も充実し、USBのケーブル1本でつなげばデータの転送や画面の表示、さらには充電まで済むようになっている(図2)。

図2●すべての外部接続機能を飲み込むUSB
従来は機能ごとに異なるインターフェースを使っていた機能が、USBだけで可能になりつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

 レガシーのインターフェースも一部はまだ使われている。例えばSCSIやRS-232-Cはオフィスのパソコンではほとんど見かけなくなったが、計測器など専用の機器をつなぐために工場などでは使われ続けている。

 将来的にインターフェースはUSBに集約されていくのは間違いない。いずれはUSB以外のインターフェースは必要ない時代が来るだろう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら