次に、10Gビット/秒といった高速通信をどのように実現しているのか、その仕組みについて説明する。各サービス事業者は、光ケーブルを使って高速な回線サービスを提供している。その際に使われているのが、1本の光ケーブルを複数のユーザー(加入者)で共有するためのPONという技術だ。実は、ソニーネットワークコミュニケーションズとKDDIは異なるPONの方式を利用している。具体的には、ソニーネットワークコミュニケーションズがITU-Tp系、KDDIがIEEE系の規格を採用している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら