筆者の自宅では、無線LANのアクセスポイント(AP)をリビングに設置している。リビングでは無線LANを快適に利用できるが、寝室では電波が弱くなって切れることがある。リビングと寝室は、直線距離では5m程度しか離れていないが、間に何枚もの壁があるためだと考えられる。

 このように、APと端末の間に遮蔽物があると電波は減衰する。では、どのくらい減衰するものなのだろうか。今回は三井情報東中野オフィスを利用して、遮蔽物による電波の減衰を調べてみた。

5m離れた場所で測定

 実験では、APには米シスコシステムズのAironet 3802i、測定器(テスター)には米ネットスカウトのAirCheck Wi-Fiテスターを利用した。Aironet 3802iが発する電波を測定器で受信し、その強度を測定した。

 具体的には、APが定期的に送信するビーコンを、5m離れた場所に置いた測定器で受信して電波強度を測った。

 APのSSIDは「site-survey」に設定。2.4GHz帯は6チャネル、5GHz帯は36チャネルを利用。5m離れたAPと測定器の間に様々な遮蔽物を挟んでみて、どのくらい電波が減衰するかを調べた。

 通常、APは天井などの高い場所に設置することが多い。しかし今回の測定は壁などの遮蔽物による電波減衰を調べるのが目的なので、地上約1mに設置した(図1)。

図1●今回の実験イメージ
無線LANアクセスポイント(AP)と測定器(テスター)との間にいろいろな遮蔽物を挟んで電波強度を測定し、遮蔽物によって電波がどのくらい減衰するかを調べた。
[画像のクリックで拡大表示]

 測定器の画面には、チャネル、電波強度、信号雑音比(SN比)、APのMACアドレスが表示される(図2左)。

図2●遮蔽物がない場合の電波強度
遮蔽物がない場合の電波強度は、2.4GHz帯が-45dBm、5GHz帯が-48dBmだった。APと測定器の距離はおよそ5m。
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、遮蔽物がない状態の電波強度を測定したところ、2.4GHz帯は-45dBm、5GHz帯は-48dBmだった。これを基準値として、アクセスポイントと測定器の間に遮蔽物がある場合の減衰を調べる。

 次に、ガラスの壁を挟んで電波強度を測定した(図3)。結果は、2.4GHz帯は-46dBm、5GHzは-49dBmだった。ガラスを透過することで、2.4GHz帯と5GHz帯のいずれも1dB減衰した。減衰は小さいと言えるだろう。

図3●ガラスの壁を挟んで測定
ガラスの壁に囲まれた会議室の中にAPを設置して、会議室の外側で電波強度を測定した。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、どのようなガラスでも小さいとは限らないので要注意だ。厚いガラスや金属ワイヤ入りのガラスだと、減衰はより大きくなると考えられる。

 次に、扉が付いた金属製のパーティション(間仕切り)を隔てた場合の電波強度を調べた(図4)。パーティションの扉を閉めて外側で測定したところ、2.4GHz帯は-59dBm、5GHz帯は-62dBmだった。

図4●パーティションを挟んで測定
扉が付いた金属製のパーティションの中にAPを設置して、扉を閉めた外側で電波強度を測定した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら