無線LANは、家庭やオフィス以外に、工場やコンテナヤードなどでも利用されている。工場内を走る自動搬送車や、コンテナヤードで操業するトランスファークレーンの制御、それらの装置が出力する統計情報などの送受信にも利用されている。

 こうした状況でやりとりする情報は、工場の稼働状況に関わる重要なものなので、無線LANの通信品質を高く保つ必要がある。

 しかし、無線LANは障害物による影響を受けやすく、大型の機械などが多数存在する場所では、電波強度がまだら模様のようになり、通信品質がばらつきやすい。

 ばらつかないようにする対策の1つは、障害物による影が少なくなるように無線LANアクセスポイント(AP)を設置することだ(図1)。結果的に短い間隔で設置することになり、手間とコストがかかってしまう。

図1●障害物の多い工場などを想定したAPの極端な設置例
無線LANは障害物の影響を受けやすいので、工場などでは電波強度がばらつきやすい。ばらつかないようにする方法の1つが、無線LANアクセスポイント(AP)を障害物の影響が小さくなるように設置すること。
[画像のクリックで拡大表示]

 別の対策としては、漏洩同軸ケーブル(LCX)を利用することが挙げられる。LCXは、ケーブル型のアンテナといえる。LCXをAPのアンテナ端子につなぐと、LCXから電波が漏れ出て通信が可能になる(図2)。

図2●障害物の多い工場などにLCXを設置した例
漏洩同軸ケーブル(LCX)を壁や天井に敷設すると、LCXから電波が漏れて、近くの端末が無線LANで通信可能になる。
[画像のクリックで拡大表示]

 LCXの理屈は分かるが、実用に堪えるのだろうか。ケーブルから漏れ出る電波は、きちんと端末まで届くのだろうか。そもそも、電波が漏れ出るケーブルを使う意義はあるのだろうか。通常のアンテナよりも有用なのだろうか。疑問に思う人は少なくないだろう。そこで今回は、LCXを実際に試してみた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら