同じSSIDを設定した無線LANアクセスポイント(AP)が複数ある環境では、接続していたAPから別のAPに移動しても通信が継続される。例えば、オフィスでAPに接続した後、会議室に移動したら、会議室のAPに自動的につながる(図1)。

図1●無線LANのローミングのイメージ
同一のSSIDが設定された複数のAPの間を、端末が渡り歩くことを無線LANのローミングという。例えば、オフィス用APに接続している端末を持って会議室に移動すると、会議室用APに自動的につながる。
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、同一のSSIDが設定された複数のAPの間を、端末が接続先のAPを変更しながら移動していくことを無線LANのローミングという。

 しかしながら、端末を持って移動した際、移動先での通信状況が不安定になることがある。その理由の1つとして考えられるのは、移動した後も、端末が移動前のAPに接続し続けるためだ(図2)。端末の種類によっては、同じSSIDを設定した別のAPが近くにあるのにもかかわらず、電波状況の悪い遠くのAPに接続し続けようとすることがある。このため通信が不安定になる。

図2●移動後に通信が不安定になる
ローミングがうまくいかない例。移動前のAPと接続し続けようとして電波が弱くなり、通信が不安定になる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら