最近は街中で無線LANを使おうとして接続先を検索すると、数多くのSSIDが表示されて驚くことがある。店舗や企業が独自の無線LANアクセスポイント(AP)を用意して独自のSSIDを設定し、集客や付加価値のために提供している。

 ユーザーによっては、接続先が多ければ多いほどうれしいだろう。だが、SSIDが増えることで問題はないのか。今回は、SSIDの数が通信速度に与える影響を調べた。

 まずは、街中でどのくらいの数のSSIDを確認できるか調べた。測定場所は、筆者の通勤途中にあるJR新宿駅のホームだ(図1)。電波状況の測定には、ノートパソコンにインストールした米ネットスカウトのAirMagnet Surveyを使用した。

図1●JR新宿駅でSSIDの数を測定
JR新宿駅16番線ホームで、接続可能なSSIDの数を測定した(撮影:筆者)。
[画像のクリックで拡大表示]

 その結果、朝のJR新宿駅ホームでは、測定するチャネルを1chに固定した状態で29個のSSIDを確認した(図2)。SSIDの名称などから、その多くはモバイルルーターやテザリングを有効にしているスマートフォンだとみられる。

図2●1つのチャネルで29個のSSIDを確認
JR新宿駅ホームでは、1chにおいて接続可能なSSIDを29個確認した。測定には米ネットスカウトのAirMagnet Surveyを使った。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら