数年前、筆者がある競技場で無料の無線LANサービスを利用していたときのことだ。観客が少ないうちは無線LANを快適に利用できていたが、競技開始時刻が近づいて観客が増えるに従って電波の受信状況が悪くなり、しまいにはWi-Fiピクトが1本になってしまった。座っている位置は変えなかったので、変わったことといえば、周囲に人が増えたことだけである。人の存在が無線LANの電波状況に影響するのだろうか。そこで今回は、人が無線LANに与える影響について調べた。

「人の壁」による減衰を測定

 人が電波に与える影響として考えられることの1つが電波の減衰である。人によって電波がどのくらい減衰するかを調べるために、三井情報のラボである「MKI IDEA Lab.」で実験してみた。

 実験では、無線LANのアクセスポイント(AP)と測定器(テスター)の間に、遮蔽物として人に立ってもらい、電波強度を測定した(図1)。APには米シスコシステムズのAironet 3802i、測定器(テスター)には米ネットスカウトのAirCheck Wi-Fiテスターを利用した。Aironet 3802iが発する電波をAirCheck Wi-Fiテスターで受信し、その電波強度を測定した。具体的には、APが定期的に送信しているビーコンを5m離れた場所の測定器で受信して、その電波強度を測定した。

図1●人を遮蔽物とした場合の実験イメージ
無線LANアクセスポイント(AP)と測定器(テスター)との間に遮蔽物として人を挟んで電波強度を測定し、電波がどの程度減衰するのかを調べた。
[画像のクリックで拡大表示]

 APのSSIDは「site-survey」に設定。2.4GHz帯は6チャネル、5GHz帯は36チャネルを利用した。通常、APは天井などの高い場所に設置する。しかし今回は、人体による電波の減衰を調べるのが目的なので、約1mの高さに設置した。

 APと測定器の間に何もない状態で電波強度を測定したところ、2.4GHz帯は-45dBm、5GHz帯は-48dBmだった(図2)。APと測定器の距離はレーザー距離計で測った。

図2●遮蔽物がない場合の電波強度
遮蔽物がない場合の電波強度は、2.4GHz帯が-45dBm、5GHz帯が-48dBmだった。APと測定器の距離はおよそ5m。
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、ラボで作業をしていた同僚に、APと測定器の間に並んでもらった(図3)。その状況で電波強度を測定したところ、2.4GHz帯は-52dBm、5GHz帯は-53dBmだった(図4)。2.4GHz帯は7dB、5GHz帯は5dB低下したことになる。

図3●人の壁を挟んで電波強度を測定
APと測定器の間に人の壁を作って電波強度を測定した。
[画像のクリックで拡大表示]
図4●人の壁を挟んだ場合の電波強度
2.4GHz帯は-52dBm、5GHz帯は-53dBmだった。遮蔽物がないときと比較すると、2.4GHz帯は7dB、5GHz帯は5dB低下したことになる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら