ポート番号は、TCP(Transmission Control Protocol)やUDP(User Datagram Protocol)といったトランスポート層のプロトコルで使われる番号です。

 インターネットの通信で使われるIPアドレスは、いわば建物の住所を表します。これに対しポートは、建物の出入り口に相当します。それぞれのポートには固有の番号が割り振られています。これがポート番号です。番号ごとに役割が決まっています。(PICT1)。

PICT1●プロトコルごとに固有のポート番号が使われる
(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでいう役割とは、TCPやUDPの上で通信を行うプロトコルを指します。プロトコルごとに、決まった番号のポートを使うことになっています。これにより、どんなプロトコルで通信しているかを、TCPやUDPのレベルで区別できます。

 ポート番号で有名なのは80番でしょう。80番ポートは、WebブラウザーとWebサーバーとの間で通信するHTTP(HyperText Transfer Protocol)で使われます。プロキシーサーバーを介したHTTP通信などでは、8080番を使うこともあります。

 ただ、最近は常時TLS(Transport Layer Security)化の流れにより、暗号通信であるHTTPS(HyperText Transfer Protocol Secure)のほうがよく使われるようになりました。HTTPSでは443番ポートを使います。

 他にも様々なポートが使われています。例えば、リモートアクセスを行うTelnetは23番ポート、メールを送信するSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は25番ポート、メールを受信するPOP3(Post Office Protocol 3)は110番ポート、名前解決を行うDNS(Domain Name System)は53番ポートをそれぞれ使います。

 ポート番号の中で特によく使われる0番から1023番までをウェルノウンポート番号と呼び、1024番以降を登録済みポート番号と呼びます。多くのポート番号はIANA(Internet Assigned Numbers Authority、インターネットで使われる番号を管理する組織)に登録されていますが、IANAに登録されていない非公式のポート番号も存在します。

 なお、0番ポートはエニーポートと呼ばれる特殊なポートです。アプリケーションに対して別番号の空きポートを動的に割り当てるときに一時的に使います。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら