SNMP(Simple Network Management Protocol)は、IPネットワークに接続された機器を管理するためのプロトコルです。管理対象は、スイッチやルーター、サーバーやパソコン、セキュリティー機器やネットワークプリンターなど多岐にわたります。

 SNMPの構成要素は、管理対象となる「SNMPエージェント」と管理する側の「SNMPマネジャー」の2つです。SNMPエージェントは、ネットワーク機器上で動くソフトウエアの形で実装されています。一方、SNMPマネジャーはサーバー上で稼働する管理ソフトウエアに搭載されています。SNMPエージェントとSNMPマネジャーが通信することで、ネットワーク機器の一元管理を実現します。

UDPで情報をやりとり

 SNMP通信の特徴は、トランスポート層のプロトコルとして、TCPではなくUDPを使うことです。UDPを使うメリットとして、処理が軽く機器への負担を軽減できる点があります。TCPはコネクションの確立や維持、パケットの再送処理などにCPUやメモリーのリソースを割く必要があります。UDPは、そうした処理を行わないため、負担が軽くなります。

 サーバーやパソコンならともかく、ネットワーク機器やプリンターなどはCPUの処理能力やメモリーなどの容量が限られるため、なるべく余分な負荷をかけたくありません。

 また、TCPはコネクションの確立や切断などの処理のためオーバーヘッドが大きいことも、SNMPには不向きです。SNMPでやりとりする情報自体はかなり小さいサイズなので、TCPを使うと無駄が大きくなります。これらの理由から、SNMPではUDPを使うのです。

情報を取得する方法は2つ

 SNMPマネジャーが情報を集める方法には、大きく2種類があります。「ポーリング」と「トラップ」です(PICT1)。

PICT1●SNMPマネジャーが情報を取得する方法は2種類ある
(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ポーリングは、SNMPマネジャー側からネットワーク機器のSNMPエージェントに対し、定期的に情報の送信を要求する方法です。CPUやメモリーの使用率、パケットの送信量といったネットワーク機器の内部情報を定期的に取得する用途に使われています。ポーリングでSNMPマネジャーがSNMPエージェント宛てに使うポートは、UDP161番です。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら