プロキシーは、ユーザーのコンピューターに代わって外部と通信する装置を指す。装置には、プロキシーサーバーソフトをインストールしたコンピューターや専用の機器を使う。proxyは、「代理」を意味する英語である。

 Webサイトにアクセスするときは通常、コンピューターで動くWebブラウザーを使う。WebブラウザーがWebサーバーに要求メッセージ(HTTPリクエスト)を送り、Webサーバーからの応答メッセージ(HTTPレスポンス)を受け取って、Webサイトを表示する。

 一方、プロキシーを利用したときは、Webブラウザーはプロキシーに要求を送る。プロキシーは、ユーザーのコンピューターに代わってWebサーバーと通信して、Webサーバーから届いた応答をWebブラウザーに中継する。コンピューターのWebブラウザーはプロキシーから応答を受け取って、Webサイトを表示する。

キャッシュを使って高速化

 プロキシーを導入するメリットは、大きく2つある。キャッシュによる通信の効率化と、セキュリティーの向上だ。

 企業などの組織では、複数のユーザーが同じWebサイトにアクセスするようなケースがあるだろう。プロキシーは、ユーザーが最初にWebサイトにアクセスするときは、Webサーバーと通信して、その応答を中継する。このとき、プロキシーは応答したデータを一定期間キャッシュとして保存する。キャッシュを保存している間に、別のユーザーが同じWebサイトにアクセスしようとしたときは、プロキシーはWebサーバーと通信せずに、キャッシュしたデータを返す(PICT1)。

PICT1●代理でアクセスしキャッシュがあればその場で応答する
(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロキシーがこのように動作することで、応答を高速化したり、インターネットのアクセス回線の混雑を抑えたりする。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら