IP(Internet Protocol)は、インターネットで使われている通信プロトコル(通信手順)です。いくつかのネットワークを介してつながっているコンピューターの間で、データを送受信するために使います。IPの仕様は「IETF(Internet Engineering Task Force)」という標準化団体が決めています。

 IPの最大の特徴は、パケット通信という方式を使うことです。これにより、環境やアプリケーションの種類を問わずに利用できます。今では、インターネットだけでなく、家庭や企業のLAN、通信事業者のネットワークなど、主要なネットワークのほとんどで使われています。

データを小包に分けて送信

 IPでは、データを「IPパケット」と呼ばれる形式で送信します。Webやメールはもちろん、IP電話や動画配信など、IPを利用するすべてのアプリケーションは、データをIPパケットにして送ります。こうすることで、途中のネットワークではアプリケーションの違いを考慮することなく、データをやりとりできます。

 パケットとはもともと「小包」を意味する言葉です。IPパケットは、データを一定の大きさに分けた小包だといえます(PICT1)。このIPパケットには、送り状に相当する重要な情報がIPヘッダーとして付加されます。IPヘッダーには、宛先や送信元などの情報が書かれています。

PICT1●データを一定の大きさに分けて宛先などを貼り付ける
(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

 宛先や送信元の情報としてIPヘッダー内に格納するのがIPアドレスです。IPアドレスには、1978年に制定された「IPv4」と1995年に制定された「IPv6」があります。IPv4では32ビット、IPv6では128ビットでネットワーク上の場所を表現します。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら