DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、パソコンやスマートフォンなどの端末にIPアドレスを自動で割り当てる仕組みです。

 DHCPには様々なメリットがあります。まず利用者は、自分でIPアドレスを端末に設定しなくても済みます。ネットワーク管理者にとっては、多数のIPアドレスを一元管理できるというメリットがあります。また、IPアドレスを手入力しなくてもよいため、設定ミスを避けられます。

仕組みはとても簡単

 DHCPの仕組みはとても簡単です。IPアドレスを割り当てる対象である「DHCPクライアント」と、IPアドレスを配る「DHCPサーバー」の2種類で構成されます。

 クライアントがIPアドレスを要求し、それに応じてDHCPサーバーが使えるIPアドレスの中から1個を選んでクライアントに割り当てます(PICT1)。このIPアドレスは恒久的に割り当てられるわけではなく、期限付きで貸し出されます。

PICT1●利用者にIPアドレスを貸し出す
(イラスト:なかがわ みさこ)
[画像のクリックで拡大表示]

 DHCPのクライアントとサーバーのやりとりをもう少し詳しく説明しましょう。まずクライアントは「DHCPディスカバー」というメッセージでDHCPサーバーにIPアドレスの割り当てを要求します。このときはDHCPサーバーのIPアドレスを知らないため、LANのすべての機器に届くブロードキャストフレームを使います。

 そのパケットを受け取ったDHCPサーバーは「DHCPオファー」というメッセージで、クライアントに割り当てるIPアドレスの候補を返します。クライアントは割り当て候補のIPアドレスを受け取ると、「DHCPリクエスト」をDHCPサーバーに送り、そのIPアドレスを正式に使ってよいか尋ねます。するとDHCPサーバーは、「DHCPアック」を返信し、最終的にIPアドレスの使用を許可します。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら