NATは、ネットワークの内部と外部で通信する際、送信元や宛先のIPアドレスを書き換える技術である。ほとんどのルーターがNATの機能を備える。歴史的にはIPv4アドレスの枯渇問題やP2P通信と深い関係にある。Part1では、NATの基本的な仕組みや、使われる場面などを見ていこう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら