Wi-Fi 6対応製品を使った今回の実験で、いくつかのトラブルに遭遇した。最後に、今回の実験で見えてきた問題点を紹介しよう。

ドライバーやツールが未対応

 最大の問題点は、Wi-Fi 6は登場したばかりなのでドライバーソフトや電波可視化などのツールが対応していない点だ。ドライバーやツールが対応していないと電波状況などを正確に把握できないので、トラブル対応に使えない。

 例えば、今回の実験で使ったノートパソコンの無線LANアダプターは、デバイスドライバーのバージョンを上げないと、Wi-Fi 6の電波を捕捉できなかった。他の無線LANアダプターでも、同様の現象が起こる可能性がある。

 ツールも一部対応していないようだった。例えば、inSSIDerでWi-Fi 6の電波をモニタリングした際、適切に表示されないことがあった(図11)。2.4GHz帯の場合、APの設定が40MHz幅だったが、inSSIDerでは20MHz幅と表示された。

図11●inSSIDerでモニタリングしたWi-Fi 6の電波
160MHz幅の設定が80MHz幅と表示されるなど、表示が一部誤っていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、5GHz帯ではAPで160MHz幅を設定していたが、inSSIDerの画面では、106chを中心にした80MHz幅と表示された。利用した無線LANアダプターは、11acの80MHz幅までしか対応していない。このため、160MHz幅で動作しているのに80MHz幅と表示した可能性がある。ただ、116~132chを別のAPで使用していたため、本当に80MHz幅で運用していた可能性もある。どちらの解釈が正しいかは、ツールだけでは判断できない。

5GHz帯はDFSの動作に注意

 5GHz帯の電波、特にW53とW56の周波数帯については、気象レーダーなどの各種レーダーも利用している(図12)。このため、これらの周波数を使う無線機器にはDFSと呼ばれる機能を実装することが義務付けられている。

図12●5GHz帯における電波の利用状況
無線LANで使っているW53とW56の帯域はレーダー波でも利用しており干渉する可能性がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 DFSを搭載したAPは、自分が利用したいチャネルについて、レーダー波が観測されないことを1分間確認してから電波を出す。利用中もレーダー波を常にモニターしており、検知した場合は即座にその電波の利用をやめるようになっている(図13)。

図13●DFSの動作内容
レーダー波を検知すると直ちに電波の発信を停止する。その後、レーダー波を検知しないか1分間確認した後に、他のチャネルでデータ通信を再開する。
[画像のクリックで拡大表示]

 その後は空いているチャネルを探して通信を再開するが、その場合事前に1分間レーダー波が検知されないことを確認してから利用する。つまり、DFSが動作すると最低でも1分間は通信が途切れてしまう。

 ちなみに、移動先としてレーダー波が使わないW52を選んだ場合は、この1分間の確認動作は必要ない。このため、DFSが動作したときはW52に移動する実装も多い。だが、W52はW53やW56より混雑していることが多く、スループットが上がらない場合がある。

 80MHz幅や160MHz幅といった広い帯域を利用すればするほど、レーダー波を検知してDFSが動作する確率が高まる。そのため、意図しないチャネル変更や、160MHz幅の設定でも80MHz幅しか使用できないといったトラブルにつながりやすい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら