LANスイッチの空いているポートは、パソコンを勝手に接続され、LANを流れる情報を盗まれる恐れがある。また会議室などにある使われていないLANケーブルなども、情報を盗み見るために使われてしまうかもしれない。そうした事態を防ぐには、LANケーブルに関するセキュリティー対策が効果的だ。

 この対策は、実は誤接続を防止するのにも役立つ。プロローグでも紹介したように、LANケーブルをLANスイッチの空いているポートに勝手につないでループ接続を作るトラブルは起こりがちだ。

 ここでは、セキュリティー対策を施したり、誤接続を防いだりする器具を紹介しよう。

蓋で勝手に挿せないようにする

 最初に紹介するのは、空いているLANスイッチのポートに蓋をする「ダストカバー」。長期間使っていないポートにほこりが入り込むのを防ぐ製品だが、誤接続を防ぐ効果もある(写真5-1)。

写真5-1●ネットワーク機器のLANポートを塞ぐ「ダストカバー」
長期間使わないポートに蓋をしてほこりが入るのを防ぐ。LANケーブルの誤接続防止にもなる。写真はヘラマンタイトンの製品(同社提供)。
[画像のクリックで拡大表示]

 というのも、ネットワークの知識を持たない一般社員が、気を利かせて挿していないLANケーブルをスイッチの空きポートにつないでしまい、ループ接続になってしまう事例がよくあるからだ。空きポートにカバーがしてあれば、あえてケーブルを挿そうとは考えないだろう。

 安く済ますため、成端に使っていない余ったプラグを空きポートに挿すといった工夫をしている会社もある。ただ、プラグを使うと取り外しにくいという問題がある。ダストカバーなら、取り外ししやすいつまみが付いている製品もある。

ポートに鍵をかける

 セキュリティー強化を目的としてポートを塞ぐ製品もある(写真5-2)。蓋に鍵が付いており、勝手に取り外すことができない。LANケーブルを挿し込めないようにして、不正アクセスやLANスイッチなどの不正増設、情報コンセントのポートの不正利用などを防ぐことができる。もちろん誤接続やほこりの侵入などの対策としても有効だ。

写真5-2●鍵付きのポートガード
鍵付きの蓋でネットワーク機器のポートを塞ぎ、勝手にLANケーブルを接続されないようにする。鍵がプラスチックの簡易タイプと、鍵が金属でより頑丈なタイプがある。写真は、ポートガードがスイスのR&M、メタルキーボードが日本製線の製品(日本製線提供)。
[画像のクリックで拡大表示]

 鍵がプラスチック製の簡易的な製品(ポートガード)と、より強固な金属製の製品(メタルキーポートガード)がある。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら