LANケーブルを無造作にはわせていると、椅子や人の足で踏みつけて特性が変わって速度が出なくなったり、断線して交換するはめになったりする。そうした事態を防ぐには、LANケーブルを保護する必要がある。

 よくあるのは配線モールでカバーして保護する方法だ。今回はそれ以外の方法を紹介したい。

チューブ状の保護材でまとめる

 オフィスの島(複数の机を寄せた仕事スペース)で、机の下にLANケーブルが乱雑に垂れ下がっていることがある。踏みつけて断線させる恐れがあるばかりか、オフィスの美観が損なわれる。

 こうした場合に役立つのがチューブ状の保護材だ(写真4-1)。LANケーブルを保護するだけでなく、複数のケーブルを束ねて整理する「ケーブルタイ」の役割も果たす。太さが何種類かあり、束ねる本数に合わせて購入できる。

写真4-1●チューブ状のケーブル保護材
チューブ状の保護材でLANケーブルを束ねることで、保護するとともに見栄えもよくできる。写真はパンドウイットコーポレーション日本支社の製品(同社提供)。
[画像のクリックで拡大表示]

 チューブ状の保護材は、データセンターなどでも活躍する。特に光ファイバーケーブルは細くて切れやすく、ラックの角に当たるような場合には注意が必要となる。こうしたケースでは、ケーブルを1本ずつカバーする保護材が有用だ(写真4-2)。専用の工具を使えば楽に通せる。

写真4-2●光ファイバー用の保護材
1本の光ファイバーケーブルを保護するタイプ。専用の工具で通して使う。光ファイバーは細くて壊れやすいため、ラックの角に当たる箇所には、こうした保護材を利用する。写真はヘラマンタイトンの製品(同社提供)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら