Part3では、トラブルを減らすLANケーブルの取り扱い方や製作方法、光ファイバーケーブルの手入れのポイントを見ていこう。

 一般のユーザーも関わることで意外な盲点になっているのが、LANケーブルの引き抜き方だ。特に社内での移動に伴って抜き挿しの回数が多くなりがちなノートパソコンで問題になる。多くのユーザーが普段は無造作に引き抜いていると思われるが、実はポイントがある。

 LANケーブルを傷めるダメなやり方として、1つはラッチレバー(いわゆる「爪」)を十分に押し込まずに引っ張るというもの(写真3-1)。プラグが引っかかったままケーブルの外被を引っ張るため、プラグから外被が抜けてしまい、プラグの根本で心線がむき出しになる。これは極めて心線が切れやすい状態で、いつ通信できなくなってもおかしくない。

写真3-1●LANケーブルの誤った引き抜き方と正しい引き抜き方
ノートパソコンからLANケーブルを引き抜く際、ラッチレバー(爪)を十分に押し込まなかったり、ケーブル本体でパソコンきょう体を持ち上げたりすると、プラグが傷んでしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、LANケーブルでノートパソコンを持ち上げるような格好で、無理やり引っ張ること。これもプラグから外被が抜ける要因となる。

 こうした事態を避けるためには、きちんとしたやり方でLANケーブルを引き抜く必要がある。ポイントは2つ。まずノートパソコンを手で少し持ち上げる。その上で、ラッチレバーを十分に押し込んでから引き抜く。

 日本製線 開発部 General Managerの浅香 芳晴氏によれば、最近のノートパソコンは薄型化が進んでおり、手をきょう体の下に入れにくくなっているという。このため丁寧にLANケーブルを抜き挿ししないユーザーが増えているのだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら