LANケーブルや光ファイバーケーブルを絡まったスパゲティ状にしたままだと、作業がしづらくなったり、誤って抜いてしまって障害の原因になったりする。そこで、ケーブルを束ねて整える「整線」が重要になる。

締め付けるタイプは非推奨

 LANケーブルを束ねる器具は「ケーブルタイ」と呼ばれる。

 かつては幅が細くて余長を切断するタイプのケーブルタイがよく使われていた(写真2-1)。「結束バンド」ともいう。10年以上前の本誌の記事でも、整線用に結束バンドを紹介していた。だが、現在では推奨されていない。というのも、LANケーブルを強く締め過ぎるとケーブル内部の構造物を壊したり、心線のよりを潰したりする恐れがあるからだ。こうなるとLANケーブルの特性(インピーダンス)が変化し、信号の減衰が大きくなって通信に支障が出る。

写真2-1●以前使われていたケーブルタイ
このケーブルタイは結束バンドと呼ばれる。以前は一般的に使われていたが、最近ではLANケーブル向けには推奨されていない。写真はヘラマンタイトンの製品(同社提供)。
[画像のクリックで拡大表示]

広い面積で圧力を分散

 近年ケーブルタイとして推奨されているのは「面ファスナー」と呼ばれる製品だ(写真2-2)。「マジックテープ」「ベルクロ」といった商標で呼ばれることもある。幅が広く単位面積当たりの力が少なくてもしっかりと束ねられるので、LANケーブルを潰すことがない。面ファスナーも100均ショップで購入できる(写真2-3)。

写真2-2●ケーブルタイとして推奨されている面ファスナー
最近では、LANケーブルを束ねるのに面ファスナーが推奨されている。長さが固定の定尺タイプと、長さを調節できるロールタイプがある。写真はヘラマンタイトンの製品(同社提供)。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2-3●100均ショップで買える面ファスナー
面ファスナーも100均ショップで購入できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 LANケーブルを束ねた後に固定する器具もある。ここでは2種類紹介しよう。

 1つは、片面は面ファスナーで、もう片面は粘着テープになっているもの(写真2-4(1))。粘着テープ側をラックなどに貼り付けて使う。もう1つは、ラックなどにねじ止めするタイプ(同(2))。面ファスナーを通す穴が開いており、LANケーブルを束ねる面ファスナーと併用する形となる。

写真2-4●面ファスナー用の固定具
面ファスナーで結束したLANケーブルの配線を固定するために使われる。(1)は裏側に粘着テープが付いている面ファスナー。(2)は面ファスナーを通す穴が開いており、ラックなどにねじ止めすることでしっかりと固定できる。写真はヘラマンタイトンの製品(同社提供)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら