(写真:©iStock.com/DragonImage)

LANケーブルや光ファイバーケーブルを正しく扱わないと、ループ接続や通信障害、不正アクセスなどのトラブルを引き起こす。ループ接続を未然に防ぐにはケーブルに識別用のラベルを付けるラベリングや、ケーブルを束ねてまとめる整線が重要だ。通信障害や不正アクセスにはケーブルの取り扱いやセキュリティー対策が効く。トラブルを未然に防ぐ「ケーブル整理術」を紹介する。

出典:日経NETWORK、2019年7月号 pp.20-32
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。