Pythonを利用するには、Pythonのプログラムを実行するための環境を整える必要がある。そのためには、Pythonの処理系をインターネットからダウンロードしてパソコンのローカル環境にインストールするのが一般的だ。最近は「Anaconda」というパッケージを使ってインストールするのが主流になっている(図2-1)。

図2-1●パッケージのAnacondaとWebサービスのColab
Pythonのコードを実行するには、パソコンにPythonの環境をインストールする方法とPython環境を提供するWebサービスを使う方法がある。前者には「Anaconda」というパッケージがよく使われている。後者の代表的なものが、「Google Colaboratory(Colab)」だ。PythonのWeb実行環境「Jupyter Notebook」や各種ライブラリーがあらかじめインストールされており、すぐにコードを書き始められる。
[画像のクリックで拡大表示]

 Pythonをローカルにインストールすれば、自分の好きなエディターで本格的なソフトウエア開発ができる。ただ、環境の構築にはそれなりに手間がかかる。

 そこでPythonを手軽に試したい人にお薦めしたいのが、米グーグルが提供している「Google Colaboratory(Colab)」というWebサービスだ。Webページ上で入力したPythonのプログラムを実行できる「Jupyter Notebook」や様々なライブラリーがあらかじめインストールされており、すぐにPythonのプログラムを書き始められる。

 Colabを利用するには、まず「https://colab.research.google.com/」にアクセスする(図2-2)。Googleのアカウントでログインすればすぐに使い始められる。最初に表示されるノートブックの一覧画面の右下にある「PYTHON 3の新しいノートブック」というリンクをクリックすると、Webページにコードの入力欄が表示される。この入力欄にコードを入力して左の実行ボタンを押せば、コードの下に実行結果が表示される。

図2-2●Colabを利用する手順
ColabのURLにアクセスしてGoogleのアカウントでログインするだけで、Pythonのコードを実行できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら