インターネットは、専用線や通信事業者の閉域網と違い、不特定多数のユーザーで共用する公衆網だ。そのため、インターネットを介した通信は偽のサーバーに誘導させられたり、通信を盗聴されたりするリスクを伴う。暗号を使えば、こうしたリスクを回避できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら