とある企業の情報システム部門。そこで元気一杯に働いているのが、ちょっと頼りない若手社員、通称「ネコSE」だ。セキュリティに関する豊富な知識を持つ「センパイ」に日々、鍛えられている。今回は「サービスが落ちる」という表現をきっかけにして、システムの可用性について考えてみた。

ネコSE:センパイ、さっき営業部のミサトさんからサービスが止まっているんじゃないかって連絡がありました。

センパイ:ああ、その件はもう対処したから大丈夫だよ。

ネコSE:この人数でやってるんですからしょうがないですよね。

センパイ:うん。忙しくて気付かないこともあるから、サービスが落ちていると気軽に教えてくれるのは助かるね。

ネコSE:落ちる?

センパイ:ははあ。ちょっと聞くけど、「パソコンを落としておいて」って指示されたらどうする?

ネコSE:ええと、変な指示ですね。そんなことしたらガッシャーンって床にぶつかって壊れちゃうじゃないですか。

センパイ:うーん、なるほど。じゃあ「サーバーが落ちている」と聞いたらどう思う?

ネコSE:何でこんなところに置いてあるんだろう。拾っていっていいのかなという感じでしょうか。

センパイ:ああ、コンピュータの世界で「落ちる」という言葉がどんなふうに使われるか知らないんだね。パソコンやサーバーの電源を切ることを「落とす」、動いていないことを「落ちている」と表現することがあるんだよ。

ネコSE:えー、知りませんでした。どうして落とすなんて言うんでしょうか?

センパイ:パソコンの電源を切ることを「シャットダウン」と言うよね。この場合のダウンは機能停止といったニュアンスだけど、ダウンには「落ちる」というイメージもある。それで日本語で「落ちる」と言うようになったんじゃないかな、たぶん。

ネコSE:そうか。そういえばダウンロードすることを「落とす」と言う人もいますね。

センパイ:それもダウンという言葉からの連想かもしれないね。ちなみに、英語のshutdownという単語には、工場の休業や操業停止という意味もあるよ。

ネコSE:センパイは国際的だなー。ところで、どうしてこんな話を始めたんですか?

センパイ:私にもいろいろ悩みがあってね。サービスが落ちているとどんな影響があるんだろうと考えていたんだ。

ネコSE:サービス品質が落ちているということは、顧客の満足度が下がっている状態ですよね。これを解決するには、重視する指標をKPIとして定めて、KPIが上がるような施策を打つのが一般的だと思うんですけど。

センパイ:うーん。日本語は難しいな。「サービスが落ちている」と言ったのは、サービスが止まるって意味だったんだけど。

ネコSE:あ、さっき教えてもらった意味か。早とちりしました。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら