MVNOが提供する、いわゆる「格安スマホ」のサービスでは、端末とSIMカードが別々に提供されることが多い。このため、これまで利用者がほとんど意識することのなかったSIMカードが注目されるようになった。そこで今回は、SIMカードおよびその進化形であるeSIMについて解説する。

FOMAから使われ始めた

 まずSIMカードについて説明しよう。SIMカードは、物理的には接触式ICカード、すなわちスマートカードの一種で、クレジットカードやテレビのB-CASカードなどの仲間である。プラスチックカードにICチップが埋め込まれ電極が付いている。スマートカードのうち、携帯電話事業者が加入者識別のために使うものがSIMカードと呼ばれる。

 SIMカードが日本で使われるようになったのは2001年以降。NTTドコモが提供する第3世代携帯電話サービスFOMAの開始に合わせて国内での利用がスタートした。それ以来、機能とサイズの二つの面で進化を続けている。

 機能面では、4GLTEやVoLTE、NFCといった新しいサービスが提供されるたびに、携帯電話事業者はそれに対応した新しいSIMカードを提供してきた。

 サイズ面での進化は小型化である(図1)。NTTドコモが日本で最初に導入したSIMカードのサイズは縦25mm、横15mm。名刺サイズのプラスチックカードの一部となっていて、利用時に切り離すものである。後述するように、その後、より小型のSIMカードが登場したことで、このサイズのSIMカードは「標準SIM」と呼ばれている。標準SIMはminiSIMとも呼ばれる。

図1 小型化するSIMカード
現在使われている3種類のSIMカードのサイズ。FOMAの提供開始と同時に登場した最初のSIMカードは、より小型のmicro SIMやnanoSIMの登場により、標準SIM(miniSIM)と呼ばれるようになった。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクは2010年、iPhone 4と同時に、縦15mm、横12mmの「microSIM」の提供を開始。2012年には、KDDIとソフトバンクがiPhone 5とともに「nanoSIM」を提供している。nanoSIMのサイズは縦12.3mm、横8.8mm。現在では、Androidを含め多くのスマートフォンがnanoSIMに対応している。

 以上のように3種類のサイズのSIMカードが存在するわけだが、従来は利用者が混乱する心配はなかった。SIMカードは、新しいスマートフォンを購入する際に販売店の店員が準備し、スマートフォンに挿入するものだったからだ。ところがMVNOが提供するサービスでは、端末とSIMカードが別々に提供されることが多い。このためSIMカードのサイズが複数あることが、利用者に混乱をもたらす可能性が出てきた。

 現在では、3種類すべてのサイズに対応しているSIMカードもMVNOから提供され始めている。ただ、端末の仕様表には対応しているSIMカードのサイズが明記されているものの、利用者が誤って異なるサイズで切り離してしまうトラブルが少なからず報告されている。

 SIMカードに保管されている情報についても説明しておこう。SIMカードのICチップに保管される主な情報(番号)は3種類ある(表1)。このうち最も重要なのが、加入者を管理するIMSIである。このIMSIを独自に管理するためにはフルMVNOとなり、独自のMNCを割り当ててもらう必要がある。

表1 SIMカードに保管される番号
SIMカードのICチップに保管される代表的な番号。これらのうち最も重要なのがIMSIである。MVNOがIMSIを独自に管理するためには、フルMVNOとなって独自のMNC(Mobile Network Code)を割り当ててもらう必要がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 独自のMNCを持たない、いわゆるライトMVNOは、ホストMNOから貸し出されたSIMカードを利用者に提供する。SIMカードを発行および管理するシステムをホストMNOから貸してもらい、そのシステムを使ってSIMカードを発行(プロビジョニング)し、利用者に提供する場合もある。これらのケースでは、利用者にSIMカードを提供するのはMVNOだが、SIMカードそのものやSIMカードに保管されているIMSIは、ホストMNOのものとなる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら