前回(連載第2回)で解説したように、日本のMVNOの多くはライトMVNOであり、携帯電話事業者(MNO)の設備とレイヤー2接続をしている。ライトMVNOのレイヤー2接続では、インターネットや外部のIPネットワークとのゲートウエイとなる設備をMVNOが運用している。このためMVNOが通信ポリシーや課金をある程度コントロールでき、独自のサービスを提供できる。

 とはいえ自由度はそれほど大きくはない。パケット交換機(GGSN/PGW)以外は携帯電話事業者が提供していて、通信ポリシーや課金以外では差別化を図れない。

 そこで登場したのが、より自由度の高い「フルMVNO」という事業モデルである。

 フルMVNOとは、携帯電話のコアとなるネットワークを自ら運用するMVNOを指す。ただし「フル」といっても、コアネットワークのすべてを運用する必要はない。一般的には、ライトMVNOが運用するゲートウエイ(パケット交換機)に加え、加入者管理装置を運用しているMVNOがフルMVNOと呼ばれる。

 ここでの加入者管理装置とは、加入者(ユーザー)に関する情報を管理するデータベースのこと。3GではHLR、4GではHSSと呼ばれる。

 国内では、筆者の所属するインターネットイニシアティブ(IIJ)やソラコム、さくらインターネットがフルMVNOに名乗りを上げているが、まだ非常に少ない。IIJが2018年3月に開始したフルMVNOのネットワークアーキテクチャーの国内部分を図1に示す

図1 フルMVNOのネットワークアーキテクチャー
インターネットイニシアティブ(IIJ)が2018年3月に開始したフルMVNOのネットワークアーキテクチャーの国内部分。ライトMVNOとの違いは、加入者管理装置(HLR/HSS)を自社で保有し、運用すること。
[画像のクリックで拡大表示]

 IIJは、NTTドコモとのMVNO契約(卸電気通信役務契約)に基づき、同社をホストMNOとしてフルMVNO事業を開始した。データ通信用のネットワーク(UPlane)は、既存のライトMVNOの場合と同じ。パケット交換機はMVNOが運用する。

 異なるのは、制御信号用ネットワーク(C-Plane)の加入者管理装置(HLR/HSS)である。ライトMVNOでは、加入者管理装置は携帯電話事業者の設備だが、フルMVNOは加入者管理装置を自社で持ち、運用する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら