今回は、MVNOのネットワーク構成を説明する。MVNOは、携帯電話事業者(MNO)のネットワーク設備の一部あるいは全部を利用するので、まずは携帯電話事業者のネットワークから見ていこう。

 携帯電話ネットワーク(移動通信システム)の歴史は古い。携帯電話の前身となる自動車電話まで遡ると、現在までに40年近い年月をかけて進化している。

 現在提供されている携帯電話サービスは、第3世代(3G)および第4世代(4G)のアーキテクチャーとなる。近い将来、第5世代(5G)のサービスが開始される見込みである。ここでは、3Gおよび4Gの二つの世代においてよく見られるネットワーク構成を説明する。

 3Gと4Gでは、ノードやプロトコルの名称は異なるが、ネットワークのトポロジーはそれほど変わらない(図1)。ただ、音声通話の扱いについては大きく異なる。

図1 携帯電話事業者のネットワークアーキテクチャー
3Gおよび4Gの携帯電話のコアとなるネットワークアーキテクチャーの概要。3Gと4Gでは、ノードやプロトコルの呼び名は異なるが、ネットワークのトポロジーはそれほど変わらない。
[画像のクリックで拡大表示]

 もともと携帯電話は音声通話にのみ対応していた。データ通信が導入されたのは第2世代(2G)のとき。その際には、それまでの音声通話用のコアネットワークに、データ通信用の設備をアドオンすることで対応した。

 3Gでは2Gのアーキテクチャーをほぼ踏襲したが、4Gでは音声通話のネットワークを省略。データ通信のネットワークのみになった。そして音声通話は、データ通信のネットワーク上でIMSによって実装されている

 プロトコルに関する思想の観点でも3Gと4Gは異なる。4Gは、すべての通信をデータ通信用の一つのネットワーク(パケットコア)で処理する思想であり、プロトコルをIPで統一している。

 一方3Gでは、2Gに由来するレガシーなプロトコルが残っている。現在では運用性やコストを考えて、トランスポート層のプロトコルをおおむねIP化しているが、その上では依然としてレガシーなプロトコル群が使われている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら