次々と編み出されるネット詐欺の新手口。攻撃者は手を替え品を替えてユーザーをだまそうとする。その中で、2018年以降猛威を振るっているのが、不在通知などを装う偽のSMS(不在通知SMS)である。筆者にも送られてきた。実例を基にその手口を解説する。

SMSだから効果的

 不在通知SMSを使う手口として広く知られているのは、佐川急便を名乗る手口だ。「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」といった1文とURL(リンク)がSMSで送られてくる。メールではなくSMSなのがポイントだ。

 SMSなら電話番号が分かれば送れる。宅配便を送る際には、送り先の電話番号を伝票に書くので、宅配業者からSMSが送られても不思議はない。もし通常のメールで送られてきたら、「知らせた覚えはないのに、なぜメールアドレスを知っているんだろうか」とユーザーは疑問に思うので、クリック率が下がるだろう。

佐川急便から日本郵便へ

 2018年中、不在通知SMSを使う手口は、佐川急便を名乗ることがほとんどだった。だが、この手口はテレビや新聞などで広く報じられた。このため、別の企業名を名乗る手口が出始めた。その1つが、日本郵便を名乗る手口だ。現在では、この手口のほうが主流になっているようだ。

 その不在通知SMSが、筆者のスマートフォンにも送られてきた(図1)。SMSの内容は、佐川急便を名乗る手口と同様に、不在通知とURLである。URLは「Japan Post(日本郵便)」を連想させる「jppost」にハイフンとアルファベット2文字をつなげたもの。受信時はアクセスできたが、2019年7月末以降、このURLは無効になっている。

図1●不在通知に見せかけたSMSの例
筆者に送られてきた「不在通知SMS」。URLは「Japan Post(日本郵便)」を連想させる「jppost」にハイフンとアルファベット2文字をつなげた文字列。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら