DNSの仕組みを悪用した攻撃対策として注目が集まる「DNS overHTTPS」(DoH)。標準化を進めるIETF(Internet Engineering TaskForce)が2018年8月16日、ドラフトのバージョン14を発表した。年内には、標準化される予定だ。ところが、DoH が海賊版サイト対策の障害になると指摘する有識者がいる。どういうことか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら