米グーグルがHTTPS(TLS)対応サイトで使われるサーバー証明書(以下、証明書)の有効期間を短縮するよう提案し、議論を呼んでいる。現行の最長825日(2年3カ月)から397日(13カ月)にするよう求めた。しかし「CA/Browserフォーラム」は2019年9月9日までの投票で否決した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら