ネット君 博士、博士!インターネットが落ちています!

インター博士 インターネットは落ちないぞ。どれどれ。ああ、名前解決ができないんだな。

ネット君 名前解決?名前を解決するって何ですか?

インター博士 DNSだよ。

 現在、インターネットやイントラネットでは、ドメイン名を使って通信相手を指定することがほとんどである。例えば、Webで使用するURLやメールアドレスの@以降にはドメイン名を指定する。社内サーバーの共有フォルダーなどにアクセスする場合もドメイン名を使用する。

 本来、IPを使った通信では、IPアドレスを使って通信相手を指定する必要がある。だが、IPアドレスは数字の羅列なので、人間には覚えにくい。そこで、人間にも覚えやすいようにコンピューターやネットワーク機器などに付けた名前がドメイン名である。

 ドメイン名は「tech.nikkeibp.co.jp」のように、アルファベットや数字、記号を組み合わせた文字列で表現する。

 このドメイン名と、IP通信に必要なIPアドレスをひも付けるシステムがDNSである。そして、ドメイン名からそれに対応するIPアドレスを割り出す一連の処理を名前解決と呼ぶ(図1)。

図1●ドメイン名とIPアドレスをひも付ける
DNSは、人間が覚えやすいドメイン名と、実際の通信で使用するIPアドレスをひも付ける仕組み。DNSのおかげで、ユーザーはドメイン名で通信相手を指定できる。IPアドレスを覚える必要はない。
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットやイントラネットでは、ドメイン名で通信相手を指定できることが前提となっている。このためDNSは、インターネットやイントラネットのインフラストラクチャーと言える。

ネット君 インフラ…。大事な仕組みなんですねぇ、DNSって。

インター博士 そうだな。だから、しっかり学ぶといいぞ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら