インター博士 今回は「ディレクトリーサービス」の話をしよう。

ネット君 ディレクトリー?Linuxで言うところのフォルダーですよね。フォルダーサービス?

インター博士 ふむ、近いような遠いような。

 ディレクトリー(directory)は「登録簿」や「住所録」といった意味であり、情報をまとめた記録といえる。

 Linuxなどでは、ディレクトリーはファイルシステムの用語である。ハードディスクなどに保存されたファイルのサイズや名前、保存場所、IDなどを記録した特殊なファイルをディレクトリーと呼ぶ。複数のファイルや別のディレクトリーをグループ化するのに使われている。Windowsのフォルダーと同様に、複数のディレクトリーを入れ子にして階層構造にすることができる。

 一方、ネットワークの用語であるディレクトリーサービスは、管理したい情報をまとめた登録簿(ディレクトリー)を作り、それに対する問い合わせ(検索)、変更、削除を可能にするサービスである。

ネットワーク資源を一元管理

 例えば、ネットワークに存在するファイルを一元管理できる(図1)。ネットワークに複数のファイルサーバーがある場合、特定のファイルを探すにはそれぞれのファイルサーバーに問い合わせる必要がある。

図1●ディレクトリーサービスでネットワーク上の資源(リソース)を管理
例えば、ファイルの保存場所をディレクトリーサーバーに登録しておけば、特定のファイルがどのファイルサーバーにあるのかがすぐに分かる。それぞれのファイルサーバーに問い合わせる必要がない。
[画像のクリックで拡大表示]

 だが、ファイルのディレクトリーを作成しておけば、それを調べるだけで特定のファイルの保存場所が分かる。それぞれのファイルサーバーに問い合わせる必要はない。ディレクトリーを管理するサーバーはディレクトリーサーバーと呼ぶ。

 ディレクトリーは、特定のデータを収集して管理する。この点ではデータベースと同じだ。ただ、データベースは情報の追加や更新が主な役割であるのに対して、ディレクトリーは検索が主な役割である。

 代表的なディレクトリーサービスの1つがDNSである(図2)。DNSでは、ドメイン名やIPアドレスといった資源(リソース)を管理する。

図2●DNSもディレクトリーサービスの1つ
名前解決に使用するDNSは代表的なディレクトリーサービスである。ディレクトリーがドメイン名前空間、ディレクトリーサーバーがDNSサーバーに該当する。複数のDNSサーバーが階層構造になって、インターネット全体であるドメイン名前空間を分散管理する。
[画像のクリックで拡大表示]

 DNSにおいてディレクトリーに該当するのがドメイン名前空間だ。ディレクトリーサーバーに当たるのがDNSサーバーになる。

ネット君 なじみのあるDNSもディレクトリーサービスの1つだと聞くと、身近に感じますね。

インター博士 DNSの仕組みを考えると、ディレクトリーサービスを理解しやすいぞ。

 ディレクトリーサービスには、X.500という標準規格がある。ディレクトリーサービスの構成要素としては、ディレクトリー、ディレクトリーサーバー、ディレクトリーサーバーにアクセスして検索などを行うクライアント、クライアントとサーバー間の通信プロトコルが挙げられる。通信プロトコルはディレクトリーアクセスプロトコルと呼ばれる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら