ネット君 ありゃ、変なメールが来たと思ったら、警告が表示されました。

インター博士 あぁ、マルウエアが添付されていたようだな。

ネット君 マルウエア?丸ウエア?ウイルスじゃなくて?

インター博士 ふむ、では今回はマルウエアについて説明しようか。

 ネットワークセキュリティに関する特定非営利活動法人(NPO法人)の日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、マルウエアを「不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウエアや悪質なコードの総称」と定義している。

 マルウエアは、形態や感染機能の観点から、「ウイルス」「ワーム」「トロイの木馬」の3種類に分類できる(図1)。

図1●形態や感染機能で分類したマルウエアの種類
マルウエアとは、悪意のあるソフトウエアや悪質なコードの総称。存在する形態や感染挙動の点から、「ウイルス」「ワーム」「トロイの木馬」の3種類に分類される。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら