ネット君 あれー?パソコンがネットワークにつながらない。博士、助けてー。

インター博士 ん~、ちょっと待て。

ネット君 早く直してくださいよー。ネットの専門家でしょ。

インター博士 あのな、どんな状態か確認もしてないのに直せるわけないだろ。エンジニアは魔法使いじゃないんだよ。

 ネットワーク管理者やネットワーク技術者なら、「ネットがつながらない!」という悲鳴をたびたび聞かされるだろう。「今すぐに直せ」と無理を言われることも少なくないはずだ。

 とはいえ、すぐに直すことは難しい。ネットにつながらないといった障害が発生した場合には、「状況確認」「復旧」「原因究明」「原因対応」─という一連の作業を、順番に実施することが重要である(図1)。

図1●ネットワーク障害が発生した場合の対応手順
ネットワークにつながらないといった障害が発生した場合には、「状況確認」「復旧」「原因究明」「原因対応」の一連の作業を順番に実施する。重要なのは、原因究明よりも復旧を優先させること。
[画像のクリックで拡大表示]

 よくあるのは、「復旧」よりも「原因究明」や「原因対応」を優先させる間違いだ。根本的な原因を明らかにして、今後同様の障害が発生しないようにしたいという気持ちはよく分かる。だが、原因の究明に時間がかかる場合には、ネットワークがつながらない状態が続くことになり、業務に支障を来すことになる。

 そのような事態を防ぐために、状況を確認したら、すぐに復旧させる必要がある。障害の根本的な原因の究明やその対応は、復旧後に実施する。

障害箇所を「切り分け」

 一口に「ネットにつながらない」といっても、症状は様々だ。「特定の端末やアプリケーションだけがつながらない」「有線LANはつながるが無線LANはつながらない」「特定のサーバーにだけアクセスできない」といった具合だ。そこで状況確認では、障害の症状や影響範囲、障害箇所などを特定する。特に、復旧のためには障害箇所の特定が不可欠だ。そのために実施する作業を、「障害の切り分け」と呼ぶ。

 例えば、あるパソコンがサーバーにつながらない障害が発生したとする(図2)。その場合、サーバー以外の機器につながるかどうかを調べて、つながる範囲とつながらない範囲の「境界」を求める。これにより、障害が発生している箇所の当たりを付ける。

図2●「切り分け」で障害が発生している箇所を特定
例えば、あるパソコンがサーバーにつながらない場合には、ネットワーク上の別の機器への接続を調べる。そして、つながる機器とつながらない機器の境界を探す。障害の発生箇所は、その境界付近に存在する可能性が高い。
[画像のクリックで拡大表示]

ネット君 水道管に例えると、どこかがつまっていて蛇口から水が出ないので、どこまで水が来ているのか調べて、つまっているところを探そうって話ですね。

インター博士 それは割と良い例えだな。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら