ネット君 レイヤー4のプロトコルにはエラー制御があると聞きました。

インター博士 あるな。レイヤー4のTCPには、エラーが発生した場合に対処する仕組みがある。

ネット君 んでも、レイヤー3のIPとかレイヤー2のイーサネットにもあるって聞きましたよ。

インター博士 ふむ、エラー制御と一言にいっても色々あるということだよ。

 一般的にネットワークにおけるエラー制御とは、パケットに関するエラーに対処することを指す。

 エラーの1つが、データの破損である(図1)。パケットが宛先に届かないのもエラーの一種だ。パケットが途中で失われるため、パケットロスと呼ばれる。パケット自体には問題がなくても、ルーターなどのネットワーク機器に問題があると、パケットは宛先に届かない。

図1●ネットワークで発生するエラーの例
一般的にネットワークにおけるエラーとは、パケットに関するエラーを指す。ノイズなどによってビットが変わるデータ破損や、パケットが宛先に届かないパケットロスなどが代表的である。
[画像のクリックで拡大表示]

 エラー制御はそれぞれのプロトコルで決められている。ただ、すべてのプロトコルがエラー制御を備えるわけではない。エラー制御がないプロトコルもある。

エラーの発生を検知

 データ破損のエラーに対処するためには、エラーの発生を検知する必要がある。受信したデータを見るだけでは、そのデータが破損して今の形になっているのか、そもそも最初からそのデータが送られてきたのかは、受信側では判別できない(図2)。

図2●エラー検出符号で判定、エラーの場合には再送を依頼
受信したデータでエラーが発生しているかどうかは、元データに付与されたエラー検出符号で判定する。エラーを検出した場合、エラー検出符号の情報ではデータを修復できないので、送信元に同じデータを再送してもらう。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら