ネット君 ネットワーク技術に関する本を読むと、イーサネットのCSMA/CDっていう方式が必ず出てきます。でも、CSMA/CDっていま使われてないんですよね?

インター博士 まぁ、使われていないと言っていいだろうな。

ネット君 何でコレ、いっつも出てくるんでしょうね。

インター博士 そうだなぁ、歴史的経緯もあるし、無線のCSMA/CApとまとめて説明できるから、かなぁ。

 有線LANでは、OSI参照モデルのデータリンク層およびTCP/IPモデルのネットワークインターフェース層にイーサネットを使うのが主流である。

衝突の可能性を低減

 イーサネットでは、CSMA/CDという通信方式が採用されている。CSMA/CDは、回線上で信号が衝突する可能性を低減させるための仕組みである。10BASE5や10BASE2といったイーサネットの初期の規格では同軸ケーブルが使われた。

 その後、送信経路と受信経路が異なるツイストペアケーブルpを使うようになった。これにより信号が経路上で衝突することはなくなったが、リピーターハブでは衝突する可能性がある(図1)。例えば、ある端末に対して、複数の端末が同時にデータを送信した際、衝突が発生する。このためツイストペアケーブルを使う場合でもCSMA/CDは必要になる。

図1●イーサネットでは信号が衝突する
同軸ケーブルを使用するイーサネットの初期の規格(10BASE5や10BASE2など)では、信号の衝突が避けられない。ツイストペアケーブルを使用する10BASE-T以降でも、ケーブル上では衝突しないものの、リピーターハブで衝突する可能性がある。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら