ネット君 この前、ネットワークの本を読んでいたら、「サービスの品質」って言葉がありました。サービスの品質って言われても、なんかピンときませんよね。

インター博士 QoSのことかね?

ネット君 あー、そんなのもありましたね。サービスの品質…。ホスピタリティーとか?

インター博士 ネットワークのホスピタリティーって何だろうな。

 ITのシステム開発などでは、品質と言えば、そのシステムが顧客の要求をどれだけ満たしているかを指す。品質を管理することは品質マネジメントなどと呼ばれ、プロジェクトマネジメントの一分野になっている。

品質を不安定にする3つの項目

 一方、同じITでも、ネットワークの分野では品質の意味が異なる。ネットワークでの品質は、「パケットロス」「遅延」「ジッター」の3つの項目で示される(図1)。

図1●ネットワークのサービス品質を決めるもの
ネットワーク分野におけるサービス品質(QoS)は、「パケットロス」「遅延」「ジッター」の3項目で決まる。これらの値が小さいネットワークが、品質の良いネットワークである。
[画像のクリックで拡大表示]

 パケットロスは、送信途中のパケットが失われること。パケットロスは、外部のノイズなどによるエラーや輻輳によって発生する。

 遅延は、パケットが宛先に到着する時刻が想定よりも遅れること。ジッターは、パケットごとに到着時刻が異なることである。到着時刻の揺らぎともいえる。

 これらの値が小さいネットワークは「品質が良い」ネットワークとされる。逆に品質が悪いネットワークでは、通信が不安定になる。通信速度が極端に悪化したり、パケットロスにより通信不能になったりする。ネットワークを安定させて運用するには、これらの値をできるだけ抑える必要がある。

ネット君 はー、パケットロスに遅延、それにジッターですか。

インター博士 通信を不安定にする要因、というところだな。

ネット君 不安定要因が小さいのが品質の良いネットワークというわけですね。

受け取った順に送信

 基本的にIPネットワークにおいては、コンピューターやネットワーク機器は、受け取った順にパケットを処理して送信する(図2)。このような処理は、FIFOと呼ばれる。日本語では、先入れ先出しなどと訳される。FIFOでは、パケットのサイズや内容、宛先などは考慮しない。

図2●IPネットワークはベストエフォート型
IPネットワークはベストエフォート型。ルーターなどのネットワーク機器は、到着順にパケットを送信する。例えば、高品質が求められるIP電話と、求められないFTPの両方が使われるネットワークでは、それらを区別せずに処理する。その結果、IP電話が使い物にならないような事態が発生し得る。
[画像のクリックで拡大表示]

 このため、ネットワークの状況が変化すると、それに伴ってサービスの品質も変化する。このようなサービスの提供形態をベストエフォート型と呼ぶ。最大限(ベスト)の努力(エフォート)はするが、品質は保証しない。

 ベストエフォート型では、パケットロスや遅延が発生するため、IP電話などのリアルタイム性が要求されるサービスには向かない。そこで、そういったサービスでも問題なく利用できるように、ネットワークの品質を管理し保証するのがQoSである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら