米マカフィーが2018年12月、同社が「Operation Sharpshooter」と名付けた標的型攻撃のレポートを公開しました。この攻撃は2018年10月25日に始まり、24カ国86の組織が攻撃を受けたとしています。通信やガス、電力、防衛などの産業が狙われ、日本では運輸業が攻撃を受けたようです。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら