この連載は、報道目的の実験を行い、その結果を掲載するものです。内容には十分注意をしていますが、記事内容を試すことは自己責任で行ってください。

 ここは、ネットワーク関連企業「BPネットワークス」が誇る本社の超高層タワービル…の地下3階、機械室の隣にある第二R&Dセンターである。平成生まれの矢田さんと神崎君が「平成のネットワーク史」という記事を読んでいる。

神崎:へーっ、平成元年(1989年)って、同軸ケーブルでイーサネットを使っていた時代なのか。無線LANなんて、まだ影も形もない

矢田:Webもなくて、主にメールとTELNETを使っていたのね。

片岡:TCP/IPも今のような標準的な存在ではなく、いろいろある通信プロトコルの1つという位置付けだったな。

矢田:それが、1995年にWindows 95が登場してインターネットブームに一気に火が付いて今に至るのね。

神崎:こうしてみると、平成の30年って、ネットが爆発的に進化した時代なんですね。

 3人が平成を振り返っていると箱を抱えた吉田さんがやってきた。

吉田:はーい、みなさん。平成の話で盛り上がっているところ悪いけど、お仕事よ。

神崎:その箱、もしや新型の?

吉田:そう。最新無線LAN規格のIEEE 802.11ax(以下、11ax)に対応した台湾エイスースの無線LANアクセスポイントよ。まだ、ドラフト準拠だけどね。

片岡:今回はこれの実験か?

吉田:ノートパソコンから見えない無線LANアクセスポイントがあるから調べてほしいって、B社から依頼があったの(図1)。

図1●B社で発生した不思議な現象
最新のIEEE 802.11axに対応した無線LANアクセスポイントBを、ノートパソコンが認識できない事態が発生した。
[画像のクリックで拡大表示]

矢田:ノートパソコンから見えないっていうのは、認識できないということ?

吉田:ええ。スマートフォンからはつながる無線LANアクセスポイントが、なぜかノートパソコンからは認識できない謎の現象が発生するようなのよ。それが、どうも11axが関係しているらしいの。

神崎:それで、11axのアクセスポイントで実際に試すんですね。

吉田:そういうこと。今回のセンター長からの依頼は「パソコン(PC)からは見えない無線LANを調査せよ!」よ。アクセスポイントは11axが有効な状態で、すぐ使えるようになっているわ。B社が使っているのと同型のノートパソコンも用意したから、実際に現象が発生するのか、試してみて。じゃあ、実験お願いね。

 そう言うと、いつものように仕事を押しつけて帰っていった。

▼まだ影も形もない
無線LANの標準規格であるIEEE 802.11が最初に策定されたのは1998年(平成10年)。
▼Web
スイスの欧州原子核研究機構CERNがWorld Wide Webを始めたのは1991年(平成3年)のこと。これが爆発的に広がり、インターネットが世界中に普及した。
▼通信プロトコルの1つ
当時のパソコン向けネットワークは、米ノベルのNetWareや米IBMのトークンリング、米マイクロソフトのMSNetworks、米アップルのAppleTalkなど、それぞれベンダー独自の通信プロトコルを使っていた。
▼IEEE
Institute of Electrical and Electronics Engineersの略。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら