この連載は、報道目的の実験を行い、その結果を掲載するものです。内容には十分注意をしていますが、記事内容を試すことは自己責任で行ってください。

 ここは、ネットワーク関連企業「BPネットワークス」が誇る本社の超高層タワービル…の地下3階、機械室の隣にある第二R&Dセンターである。スマートフォンを見つめながら、何やら困り顔をしている神崎君の姿が。

神崎:困ったな(今晩初めてのデートなのに、スマートフォンのバッテリーが残り20%を切ってしまった…)。

矢田:どうしたの?

神崎:スマートフォンを充電するためのケーブルを家に忘れてきちゃって。

片岡:電池切れか。じゃあ、これを使えばいい。最近のiPhoneなら使えるはずだ。

神崎:これはワイヤレス充電器ですね。確かQiと呼ばれている規格のやつだ。

片岡:さっき吉田から、「試してみて」と預けられたんだ。その台の上に対応しているスマートフォンを置けば充電できるはずだぞ。ほら、俺のiPhone 8を置くと…(ポン)。

神崎:本当だ。充電マークが点灯しました。

矢田:ケーブルがいらないのは便利そうね。これって、電磁波で充電するんですよね。

片岡:電磁波というよりは、磁界を使っているらしい。

神崎:そうなると、ネットワークのそばで使っても大丈夫なのかな。充電中に発生する磁界が無線LANや有線LANの通信に影響を与えそうな気がします。スマートフォンや携帯電話の通信にも影響がありそうです(図1)。

図1●ワイヤレス充電はLANの通信に影響するか
ワイヤレス充電で発せられる磁界が有線LANや無線LANの通信に悪影響を与える恐れがある。
[画像のクリックで拡大表示]

片岡:その点は俺も気になって、実験してみたんだ。だけど、充電中でも無線LANのスループットは低下しなかったぞ

矢田:そりゃそうよね。もしワイヤレス充電で無線LANの通信に影響を与えてしまったら、製品として失格ね。

片岡:そのあたりは、きちんと考えて設計されている。ワイヤレス充電の磁界で発生する周波数帯は110k~205kHzと決まっているようなので、無線LANで使っている2.4GHz帯や5GHz帯には影響しにくいのだろう。

神崎:それじゃ、僕のiPhoneも充電させてもらおうっと。あれ、全然反応しないぞ。

片岡:iPhone 8以降なら充電できるはずだ。

神崎:わーっ、残念。僕のはiPhone 7だった。

▼最近のiPhone
iPhone 8以降のiPhoneは、ワイヤレス充電規格のQiに対応している。
▼Qi
WPC(Wireless Power Consortium)が策定したワイヤレス充電の国際標準規格。電磁誘導方式を使用する。周波数帯は110k~205kHzの間で、標準では5Wの電力で充電する。
▼低下しなかったぞ
筆者がiPhone 8を使い、Wi-Fiのリンク速度測定アプリ「Wi-Fi SweetSpots」で無線LANルーター間のスループットを調査した。IEEE 802.11ac対応の無線LANルーター(アイ・オー・データ機器のMN-AX2033GR)を使用して計測したところ、ワイヤレス充電中でも700Mビット/秒以上と、通常時とほとんど変わらないスループットとなった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら